無免許運転 少年 処分

  • 少年事件とは~少年事件と成人事件の違い~

    少年事件と成人事件の違いとしてはその手続きの流れや裁判の実施方法、そして裁判などの結果受ける処分が挙げられます。 そもそも少年事件とは、主に20歳未満の少年が起こした刑事事件のことをいいます。少年事件の少年は3種類に分類され、14歳未満の触法少年と、14歳以上の犯罪少年、そして事件を起こしたわけではないが将来犯罪...

  • 少年事件解決までの流れと弁護士に依頼する重要性

    少年事件解決の流れとしては、無実や少年に有利な証拠を収集すること、あるいは示談を成立させることなどにより家庭裁判所での審判や、刑事裁判においてできるだけ有利な処分を得ることとなります。 少年事件に関して、弁護士に依頼する重要性としては、身柄拘束の阻止、証拠収集、示談交渉、家庭裁判所などとの交渉の面の重要性が挙げら...

  • 離婚の種類と手続きの流れ

    離婚問題に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、交通事故、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。離婚問題についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適な...

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    交通事故に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、離婚問題、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。交通事故についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適な...

  • 不貞行為による慰謝料請求

    離婚問題に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、交通事故、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。離婚問題についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適な...

  • 交通事故で被害者が請求できる費用は?

    交通事故に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、離婚問題、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。示談金の相場や示談の流れ、示談書の書き方など交通事故についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください...

  • 過払い金請求ができるのはどんな人?

    過払金が生じた背景には、利息制限法(違反した場合には行政処分の対象となるもの)においては利息上限が20%とされていたのに対して、出資法(違反した場合には刑事罰の対象となるもの)においては利息上限が29.2%とされていたという、両法律の利息上限が異なっていたという事情がありました。そこで、どちらが利息上限であるかと...

  • 刑事事件の示談交渉をするには?

    こうした示談交渉はいつでも可能ではありますが、弁護士への依頼が遅くなるほど、相手方との交渉も遅くなり、検察官の起訴に間に合わず不起訴処分を得られなくなるおそれもあります。また身柄解放の時期も遅くなってしまい、職場や友人、学校などとの関係で悪影響が出てしまいかねません。そのため、罪を認め、被害者との示談による解決を...

  • 仮差押えによる債権回収

    債務者が債務の支払いを行わない場合に、債務者の財産処分を禁止させて財産状態を保持させるために行われる手段の一つに仮差し押えがあります。仮差し押さえは「金銭の支払を目的とする債権について、強制執行をすることができなくなるおそれがあるとき、又は強制執行をするのに著しい困難を生ずるおそれがあるとき」(民事保全法20条)...

  • 成年後見人を活用すべきケースとなれる人

    例えば、父が認知症で意思疎通が図れず、老人ホームに入所させたいが、入所費用を賄うために父の財産を処分したい場合などには子が後見人となり財産管理を行うことで父の財産処分を行うことができる場合があります。また、親の判断能力が低下しており、詐欺被害に遭いやすい場合などに子を後見人とすることで、子の承諾のない売買契約は取...

  • 外国人事件とは?主な事例と解決方法

    また前科のつかない不起訴にもつながるため、有罪判決を受け退去処分(俗にいう強制送還)を受けることなく日本での滞在を継続することにもつながります。 これらの一般的な刑法犯だけでなく、外国人特有の事件として、オーバーステイなどの在留資格に反した滞在も外国人事件に当てはまります。オーバーステイの外国人の場合には主に在留...

  • 外国人が刑事事件を起こしたら強制送還されてしまうの?

    これらの他にも特別永住者という在留資格もありますが、特別永住者の場合にはより退去処分になる場合が限られ、内乱罪や外観誘致罪などの非常に重い罪を犯したり、無期または7年以上の懲役または禁錮に処せられ、さらにその犯罪行為により日本国の重大な利益を害したと認定されたりした場合にしか退去強制されないこととなっています。

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分