刑事事件 時効

  • 相続が発生したら?手続きの流れと期限

    また、自己の遺留分が侵害されてしまった場合に行うことができる遺留分侵害額請求には、原則として1年間の消滅時効があります。 さざんか総合法律事務所は、さいたま市、川口市、川越市、上尾市を中心に、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県において、皆さまからのご相談を承っております。遺産相続に関するあら...

  • 離婚の種類と手続きの流れ

    離婚問題に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、交通事故、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。離婚問題についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適な...

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    交通事故に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、離婚問題、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。交通事故についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適な...

  • 不貞行為による慰謝料請求

    離婚問題に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、交通事故、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。離婚問題についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適な...

  • 交通事故で被害者が請求できる費用は?

    交通事故に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、離婚問題、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。示談金の相場や示談の流れ、示談書の書き方など交通事故についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください...

  • 過払い金請求ができるのはどんな人?

    また、過払金の請求は時効の関係上、借入金の完済から10年以内に行われる必要があります。 過払金が生じた背景には、利息制限法(違反した場合には行政処分の対象となるもの)においては利息上限が20%とされていたのに対して、出資法(違反した場合には刑事罰の対象となるもの)においては利息上限が29.2%とされていたという、...

  • 刑事事件の主な流れ|家族が逮捕されてしまったら?

    家族が逮捕されてしまった場合の刑事事件の流れとしては、逮捕→警察による取調べ→検察による取調べ→勾留→起訴→刑事裁判となります。以下で詳しく見ていきます。 逮捕された被疑者(俗にいう容疑者)は警察による取調べを受けます。取調べでは嫌疑をかけられている犯罪について、供述を求められることになります。この時、憲法上の権...

  • 刑事事件の示談交渉をするには?

    刑事事件における示談とは、事件の加害者と被害者の間の民事上の紛争解決のことをいいます。あくまで民事上の紛争解決手段であるため、刑事上の責任がなくなるというわけではありませんが、示談の成立により被害届や告訴が取り下げられることで、不起訴や量刑において有利な判断を得やすくなります。 示談交渉をするにあたっては、弁護士...

  • 少年事件とは~少年事件と成人事件の違い~

    そもそも少年事件とは、主に20歳未満の少年が起こした刑事事件のことをいいます。少年事件の少年は3種類に分類され、14歳未満の触法少年と、14歳以上の犯罪少年、そして事件を起こしたわけではないが将来犯罪のおそれがある虞犯少年と呼ばれています。 成人事件の場合には、警察や検察による取調べを経て、検察官が起訴することで...

  • 債権・売掛金の回収方法

    また、債権や売掛金は一定期間が経過すると時効によって消滅してしまうため、この点からも早期回収の必要性があります。債権回収手段を講じるためには、相手方が返済しなかった理由を特定する必要があります。そのため、支払いがなかった場合、まずは相手方と連絡を取る必要があります。その際、相手方に支払う意思があり、財産状況にも問...

  • 外国人事件とは?主な事例と解決方法

    刑事事件に関しては早期の相談が円滑な証拠収集、示談の成立につながり、不起訴処分を得られやすくなります。またオーバーステイの場合には、自分から出入国管理局に出頭することが在留特別許可の取得にあたっての積極要素とされていることから、弁護士に相談し、主張すべきことなどのアドバイスを受けた上で出頭することが、在留特別許可...

  • 外国人が刑事事件を起こしたら強制送還されてしまうの?

    外国人が刑事事件を犯した場合には、必ず退去強制(俗にいう強制送還)させられるというわけではありませんが退去強制させられることも多くあります。また外国人の中でも①永住者や日本人の配偶者を持つ者、永住者の配偶者、定住者などの在留資格により滞在している者と、②それ以外の在留資格により滞在している者では、退去強制事由に当...

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分