さざんか総合法律事務所 > 交通事故 > 交通事故発生から解決までの流れ

交通事故発生から解決までの流れ

「交通事故の被害に遭い、入院している。示談交渉を催促されているが、いつ始めるのが適切なのだろうか。」
「交通事故による損害賠償は、どのような流れで請求すればよいのだろうか。」
交通事故に関して、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。

 

このページでは、交通事故にまつわる様々なテーマの中から、交通事故発生から解決までの流れについてご説明いたします。

 

■事故発生時の対応
交通事故発生時には、まず怪我人の有無の確認が重要です。怪我を負われた方がいる場合には、救急車の手配など救護活動を行う必要があります。
また、怪我人がいなかったとしても交通事故が発生した場合には警察に通報しなければなりません。
警察が実況見分調書を作成し、後日事故証明書の発行などを行うため、警察に通報しなかった場合には事故があったことが公的に証明できず、保険金が下りない可能性があります。
なお、民事不介入の原則から、警察は当事者間の損害賠償請求には直接関与しません。ただし、示談交渉において実況見分調書が資料として扱われることがあります。

 

■入院や通院中の対応
交通事故により入院や通院を余儀なくされることもあります。その場合、治療費を加害者に請求するために、領収書や診療明細書を保管しておく必要があります。また、通院時の交通費についても請求することができるため、使用した交通機関の領収書も保存しておくのが良いでしょう。
ただし、病院の個室代や、通院時のタクシー代などは、合理的な理由がなければ支払われない可能性があるため、注意が必要です。

 

■後遺症が残った場合の対応
入院や通院により治療を続けても、後遺症が残ってしまう場合があります。医師により、これ以上治療を継続しても回復が見込めないという症状固定の診断を受けると、以後その症状について後遺症として扱われます。後遺症の治療費について損害賠償請求の対象として認められることは原則ありません。
一方で、後遺障害等級認定を受けることで、後遺障害についての慰謝料や逸失利益を請求することが認められます。後遺障害とは、自賠法施行令に定められた等級の基準を満たすような重い後遺症であるとして認定を受けたものをさします。後遺症か後遺障害かによって、受け取ることができる損害賠償の金額が大きく変わるのです。そのため、後遺障害等級認定の申請を受けるのをおすすめします。

 

■示談交渉
当事者同士で民事上の問題について話し合い、合意によって解決を目指すのが示談交渉です。交通事故の損害賠償問題の多くが示談交渉により解決しています。
示談交渉では、当事者同士の過失を割合で示した過失割合や、損害賠償の対象となる項目や金額などについて話し合いが行われます。合意が成立すれば、内容を示談書にまとめ、示談金という形で損害賠償金が支払われます。
合意に至らない場合には訴訟などに発展するケースもありますが、割合としては高くありません。

 

さざんか総合法律事務所は、埼玉県さいたま市を中心として川口市、川越市、上尾市など埼玉県下はもちろん、東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県など関東全域の皆様から広くご相談を承っております。
初回のご相談は30分間無料です。また、事前にご予約いただければ、休日や時間外もご対応いたします。
交通事故に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、企業法務、離婚問題、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。
交通事故についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適なご提案をさせていただきます。

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 所属・出身

    埼玉弁護士会

    埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

  • 経歴

    平成12年
    慶応義塾高校卒業
    平成16年
    慶応義塾大学法学部法律学科卒業
    平成18年

    明治大学法科大学院卒業

    司法試験合格

    平成19年

    最高裁判所司法研修所終了(新潟)

    弁護士登録(埼玉弁護士会)

    城口法律事務所入所

    令和3年
    さざんか総合法律事務所開設
  • 論文・メディア

    平成22年
    AERA11月15日号(朝日新聞社)記事掲載
    平成24年
    弁護士列伝インタビュー(弁護士ドットコム)記事掲載
    平成30年
    むうぶ9月号(川口商工会議所)記事掲載
    令和2年

    中小建設業の労務管理と経営改善(日本法令)監修

    中小建設業の労務管理と経営改善 | 太田 彰, 江口 麻紀, 増田 文香, 吉村 孝太郎 |本 | 通販 | Amazon

    令和2年

    ビジネスガイド2月号(日本法令)記事掲載

    ビジネスガイド 2020年 02 月号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon

    令和2年
    むうぶ10月号(川口商工会議所)記事掲載
    令和3年

    弁護士のためのイチからわかる相続財産管理人・不在者財産管理人の実務(日本法令)著

    弁護士のためのイチからわかる相続財産管理人・不在者財産管理人の実務 | 吉村 孝太郎 |本 | 通販 | Amazon

  • 資格、役職、そのほか

    国際協力機構(JICA)能力強化研修「法整備支援コース」修了(平成21年)

    川口市開発審査会 審査委員(平成29年~平成31年)

    川口市市民法律相談 相談員(平成31年~)

    東京出入国在留管理局在留資格認定申請取扱届出済

    日商簿記検定2級

    2級ファイナンシャル・プランニング技能士

    埼玉弁護士会外国人人権センター運営委員会委員

    川口の弁護士の会(任意団体)事務局長

    川口商工会議所会員

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 所属

    埼玉弁護士会

    法教育委員会,労働問題対策委員会

    法律相談センター運営委員会

    埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

  • 経歴

    栃木県足利市生まれ

    足利高等学校卒業

    慶應義塾大学法学部法律学科卒業

    早稲田大学大学院法務研究科卒業

    第64期司法修習修了

    平成23年12月 さくら総合法律事務所入所

    令和3年3月 さくら総合法律事務所退所

    令和3年4月 さざんか総合法律事務所設立

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 所属

    埼玉弁護士会

  • 経歴

    ~平成18年 3月
    日本HP株式会社勤務
    平成21年 3月
    一橋大学法科大学院卒業
    平成22年 12月
    城口法律事務所入所
    令和3年4月
    さざんか総合法律事務所設立
    平成30年~

    川口市役所市民相談室 相談員

    (女性法律相談,一般法律相談)

  • コメント

    相続,離婚,労働,交通事故,債権回収が,債務整理(破産),成年後見,刑事(裁判員裁判含む),法人案件等,幅広く対応しています。

    是非,一度,ご相談ください。

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 所属・出身

    埼玉弁護士会

    広島県広島市出身

  • 経歴

    平成19年 3月
    ノートルダム清心高等学校卒業
    平成23年 3月
    早稲田大学法学部卒業
    平成25年 3月
    早稲田大学大学院法務研究科卒業
    平成25年 9月
    最高裁判所司法研修所終了(さいたま修習)
    平成26年 12月

    最高裁判所司法研修所終了(さいたま修習)

    弁護士登録(埼玉弁護士会)

    城口法律事務所入所

    令和3年4月
    さざんか総合法律事務所設立

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分