さざんか総合法律事務所 > 外国人事件 > 外国人が刑事事件を起こしたら強制送還されてしまうの?

外国人が刑事事件を起こしたら強制送還されてしまうの?

外国人が刑事事件を犯した場合には、必ず退去強制(俗にいう強制送還)させられるというわけではありませんが退去強制させられることも多くあります。
また外国人の中でも①永住者や日本人の配偶者を持つ者、永住者の配偶者、定住者などの在留資格により滞在している者と、②それ以外の在留資格により滞在している者では、退去強制事由に当たるか否か異なる場合があります。

 

以下で具体的に退去強制させられる可能性のある行為の例を挙げます。
(1) ①②のどちらの者でも有罪判決の有無に関わらず、退去強制事由にあたる場合
・有効な旅券を持たずに入国すること、上陸許可を得ずに上陸すること
・在留許可を取り消されたり、在留許可の期間を過ぎて滞在したりすること(オーバーステイなど)
・人身取引への関与すること
・売春の周旋、勧誘等をすること
など

 

(2) ②の者で、有罪判決を受けると、執行猶予が付されても退去強制事由にあたる場合
・大麻や覚醒罪など薬物事件を起こすこと
・住居侵入、文書偽造等、賭博、殺人、傷害、逮捕、監禁、誘拐、窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領などの入管法24条4号の2にあたる罪を犯すこと
など

 

(3) ①②のどちらの者でも、実刑や猶予されていない部分の刑として無期または1年を超える懲役もしくは禁錮に処せられると、退去強制事由にあたるもの
・(2)以外の罪を犯すこと

 

これらの他にも特別永住者という在留資格もありますが、特別永住者の場合にはより退去処分になる場合が限られ、内乱罪や外観誘致罪などの非常に重い罪を犯したり、無期または7年以上の懲役または禁錮に処せられ、さらにその犯罪行為により日本国の重大な利益を害したと認定されたりした場合にしか退去強制されないこととなっています。

 

さざんか総合法律事務所は、さいたま市や川口市、川越市、上尾市を中心に関東の皆様のお悩み解決に尽力しております。外国人事件だけでなく相続や労働問題など、身の回りの法律問題でお困りの際は、ぜひさざんか総合法律事務所までご相談ください。

 

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分