さざんか総合法律事務所 > 不動産トラブル > 家賃滞納の解決方法~督促や強制退去などの流れ

家賃滞納の解決方法~督促や強制退去などの流れ

マンションやアパートの入居者は家賃も滞納している場合どのような対応をとることができるのでしょうか。督促や強制退去などの流れをご説明します

 

滞納の翌日から1週間以内は、まずは入居者本人に電話やメール訪問などで連絡を行います。
支払いを忘れていただけの可能性もあるので、しつこい督促などはしないようにしましょう。

 

家賃滞納の連絡や督促を行っても返答がなく、家賃を支払わない場合は、滞納が生じてから2週間程度で督促状を内容証明郵便で送付し連帯保証人への連絡を行います。
内容証明郵便とは誰がどんな内容の文章を誰にいつ送ったか郵便局が証明してくれる郵便物です。後に法的手段を取った場合にきちんと督促を行ったことを証明する必要があるため、法的措置の可能性も踏まえて内容証明郵便で督促をするのが望ましいと言えます。

 

督促状何度送っても家賃の滞納が届いた場合は3か月を経過した時点で賃貸借契約解除のための催告書を内容証明郵便で送付し、それでも支払われない場合は裁判を申し立てて法的手段に訴えることになります。
裁判では、家賃の支払いを求める少額訴訟家明け渡し訴訟を提起することが考えられます。明け渡し訴訟では半年ほどの期間がかかり訴訟費用も50万円程度かかることから貸主にとって非常に負担が大きいと言えます。

 

裁判での明け渡し請求には費用や時間がかかり、その間の家賃収入を得ることができないため、裁判以外の手段で解決して次の入居者を探す方が結果としては得策であることがあります。
そのような場合、任意の明け渡し請求を行います。滞納期間の家賃支払いを免除することを条件に入居者に任意で退去してもらいます。

 

さざんか総合法律事務所は、さいたま市、川口市、川越市、上尾市を中心に、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県において、皆さまからのご相談を承っております。
不動産トラブルに関するあらゆる問題に対応しておりますので、お困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

 

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分