退去強制 事由

  • 外国人事件とは?主な事例と解決方法

    在留特別許可とは、退去強制事由に該当する者のうち、法務大臣の自由裁量によって与えられる在留許可のことを言います。この許可の判断に関しては、在留を希望する理由や家族状況、素行などの事情が総合的に勘案されることとなっています。そのため、依頼者である外国人がこれまでに日本で行ってきたことや今後も日本にいたい理由、家族が...

  • 外国人が刑事事件を起こしたら強制送還されてしまうの?

    外国人が刑事事件を犯した場合には、必ず退去強制(俗にいう強制送還)させられるというわけではありませんが退去強制させられることも多くあります。また外国人の中でも①永住者や日本人の配偶者を持つ者、永住者の配偶者、定住者などの在留資格により滞在している者と、②それ以外の在留資格により滞在している者では、退去強制事由に当...

  • 離婚の種類と手続きの流れ

    離婚裁判を起こすには、民法上の離婚事由に該当すること、離婚調停を一度は行い不成立に終わっていること、などが条件となっています。費用や期間も要するため、離婚したいがどうしても離婚できない場合の最終手段として捉えるのが適切です。 さざんか総合法律事務所は、埼玉県さいたま市を中心として川口市、川越市、上尾市など埼玉県下...

  • 建物明け渡し・立ち退きを求められる際の条件

    ただし、賃貸人の側からの更新をしない旨の通知又は解約の申入れは、正当事由がある場合にしかすることができません。正当事由があるかどうかの判断では、具体的には、賃貸人・賃借人が建物を必要とする事情、賃貸していた期間、利用状況、建物の老朽化の有無、立ち退き料の額等の諸事情に踏み込んで考慮することになります。 立ち退き料...

  • 不貞行為による慰謝料請求

    不貞行為は、民法第770条に定められている離婚事由の1つとして挙げられています。そのため、配偶者が不貞行為を行っていた場合には離婚訴訟を起こし、それにより離婚を成立させることも可能です。加えて、配偶者が不貞行為を行っていた場合には、慰謝料請求することも認められています。これについては後述します。 ■慰謝料とは慰謝...

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分