さざんか総合法律事務所 > 債務整理 > 債務整理の種類とそれぞれのメリットとデメリット

債務整理の種類とそれぞれのメリットとデメリット

債務整理とは、借金の返済が困難となった場合に返済額を減額してもらったり、支払わないことを債権者に認めてもらったりすることを言います。債務整理には、任意整理・自己破産・個人再生の3種類があります。

 

任意整理とは、債務者が債権者と交渉を行うことで債務の減額や返済条件を債務者に有利にしてもらうことを言います。すなわち、一種の和解契約です。多くの場合、債権者との交渉は弁護士が行うことが一般的です。任意整理は裁判所が介入することなく、債務者と債権者という当事者間で行われることが特徴的です。任意整理の例として、返済期限を伸長してもらい、月々の返済額を減らしてもらうことや利息分の返済を無くしてもらうことなどが挙げられます。
任意整理は、形式が定められているわけではなく、あくまで当事者間での交渉であるため、柔軟な取り決めを行うことができますし、裁判所が介入しないため手続き費用等がかかりません。また、他の債務整理と異なり自身の財産を失わずに済みます。任意整理は官報などに公示されないため、他者に債務整理を行なったことをバレる心配がありません。
もっとも、任意整理を行なった場合ブラックリストに載ります。そのため、5年間を借り入れを行うことが難しいです。また、一時的に任意整理を行なったとしても結局返済ができずに自己破産や個人再生に陥ることも少なくありません。

 

次に自己破産とは、債務者の財産を換金し債権者に配当することで債務の弁済を免責してもらうことを言います。自己破産の最大のメリットは財産の換金によっても支払うことができない債務については全額免責される点にあります。また、免責された債務の取立てや法律上の請求をされることもありません。
反対に最大のデメリットは財産を失ってしまうことです。また、ブラックリストに載り10年間借り入れをすることはできませんし、自己破産は官報に掲載されるため、自己破産したことが他者に知られてしまいます。加えて、自己破産を行うと仕事や住居の移転を制限されてしまいます。ただし、これらの制限は破産手続きが終了すれば、適用されないため、一時的な制限といえます。

 

最後に個人再生とは、債務の一部を免除し、残債務を分割で支払うという債務整理です。個人再生は民事再生法に規定されています。
個人再生は、自己破産と異なり財産の換金が必須ではありません。そのため、ローンが残っている住宅を残したまま他の財産による換金を行なって弁済するという方法を取ることができます。また、手続き中の制限もなく、任意整理と異なり裁判所の介入があるため、決定事項に強制力が伴い、債務を大幅に減額させることができます。債務の減額は最大で10分の1にまで減らすことができる場合もあります。
もっとも、個人再生は上記2つの債務整理と同様にブラックリストにのり、自己破産と同様に官報に掲載されることで公示されます。また、個人再生は法律上の要件が多いため、その全ての要件を満たす者しか行うことができず、必ず行うことができるものではありません。

 

債務の返済に窮しており、債務整理を検討している場合には、各債務整理のメリット・デメリットを比較しながら自己の財産状況に合致した債務整理を行うことが大切です。また、債務整理に強みを持つ弁護士などの専門家に相談することで適切な選択を行うことが期待できます。

 

さざんか総合法律事務所は多くの債務整理を行なってきた実績とノウハウがありますので、債務整理にお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 所属・出身

    埼玉弁護士会

    埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

  • 経歴

    平成12年
    慶応義塾高校卒業
    平成16年
    慶応義塾大学法学部法律学科卒業
    平成18年

    明治大学法科大学院卒業

    司法試験合格

    平成19年

    最高裁判所司法研修所終了(新潟)

    弁護士登録(埼玉弁護士会)

    城口法律事務所入所

    令和3年
    さざんか総合法律事務所開設
  • 論文・メディア

    平成22年
    AERA11月15日号(朝日新聞社)記事掲載
    平成24年
    弁護士列伝インタビュー(弁護士ドットコム)記事掲載
    平成30年
    むうぶ9月号(川口商工会議所)記事掲載
    令和2年

    中小建設業の労務管理と経営改善(日本法令)監修

    中小建設業の労務管理と経営改善 | 太田 彰, 江口 麻紀, 増田 文香, 吉村 孝太郎 |本 | 通販 | Amazon

    令和2年

    ビジネスガイド2月号(日本法令)記事掲載

    ビジネスガイド 2020年 02 月号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon

    令和2年
    むうぶ10月号(川口商工会議所)記事掲載
    令和3年

    弁護士のためのイチからわかる相続財産管理人・不在者財産管理人の実務(日本法令)著

    弁護士のためのイチからわかる相続財産管理人・不在者財産管理人の実務 | 吉村 孝太郎 |本 | 通販 | Amazon

  • 資格、役職、その他

    国際協力機構(JICA)能力強化研修「法整備支援コース」修了(平成21年)

    川口市開発審査会 審査委員(平成29年~平成31年)

    川口市市民法律相談 相談員(平成31年~)

    東京出入国在留管理局在留資格認定申請取扱届出済

    日商簿記検定2級

    2級ファイナンシャル・プランニング技能士

    埼玉弁護士会外国人人権センター運営委員会委員

    川口の弁護士の会(任意団体)事務局長

    川口商工会議所会員

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 所属

    埼玉弁護士会

    法教育委員会,労働問題対策委員会

    法律相談センター運営委員会

    埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

  • 経歴

    栃木県足利市生まれ

    足利高等学校卒業

    慶應義塾大学法学部法律学科卒業

    早稲田大学大学院法務研究科卒業

    第64期司法修習修了

    平成23年12月 さくら総合法律事務所入所

    令和3年3月 さくら総合法律事務所退所

    令和3年4月 さざんか総合法律事務所設立

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 所属・出身

    埼玉弁護士会

    埼玉県出身

  • 経歴

    ~平成18年
    日本HP株式会社勤務
    平成21年

    一橋大学法科大学院卒業

    司法試験合格

    平成22年

    最高裁判所司法研修所終了(甲府修習)

    弁護士登録(埼玉弁護士会)

    城口法律事務所入所

    令和3年4月
    さざんか総合法律事務所設立
  • 資格、役職、その他

    通訳案内業国家試験合格(全国通訳案内士)(平成12年)

    社会保険労務士試験合格(平成13年)

    行政書士試験合格(平成14年)

    英検1級(平成15年)

    家族の法律講座(平成28年,川口リリア)

    埼玉県社労士会川口支部研修(平成30年)

    川口市役所市民相談室 相談員(平成30年~)

    (女性法律相談,一般法律相談)

    川口の弁護士の会(任意団体)事務局長(令和3年~)

  • コメント

    相続,離婚,労働,交通事故,債権回収,債務整理(破産管財),成年後見,刑事(裁判員裁判含む),法人案件等,幅広く対応しています。

    是非,一度相談ください。

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 所属・出身

    埼玉弁護士会

    広島県広島市出身

  • 経歴

    平成19年 3月
    ノートルダム清心高等学校卒業
    平成23年 3月
    早稲田大学法学部卒業
    平成25年 3月
    早稲田大学大学院法務研究科卒業
    平成25年 9月
    司法試験合格
    平成26年 12月

    最高裁判所司法研修所終了(さいたま修習)

    弁護士登録(埼玉弁護士会)

    城口法律事務所入所

    令和3年4月
    さざんか総合法律事務所設立
    平成31年~
    川口市役所市民相談 相談員(女性法律相談,一般法律相談)
  • 資格、役職、その他

    埼玉弁護士会子どもの権利委員会委員,厚生委員会委員

    埼玉県内の小学校で「いじめ予防授業」講師

    川口の弁護士の会

    家族の法律講座(平成28年,川口リリア)

    平成31年~ 川口市役所市民相談 相談員(女性法律相談,一般法律相談)

  • コメント

    話しやすい雰囲気を心がけています。

    お困りのことがありましたら,お気軽にご相談ください。

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分