さざんか総合法律事務所 > 企業法務 > 残業の強制はパワハラにあたる?会社がとるべき対策とは

残業の強制はパワハラにあたる?会社がとるべき対策とは

■パワハラとは


職場におけるパワハラは、厚生労働省の定義では、
「職場において行われる①優越的な関係を背景とした言動であって、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③労働者の就業環境が害されるものであり、①から③までの3つの要素を全て満たすもの」であるとされています。
(引用元 「ハラスメント基本情報」ハラスメントの定義
https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/foundation/definition/about)

 

通常の業務を行っている中で残業をしなければならないケースはたくさんあることと思います。

そのため、残業を行わせたからといって直ちにパワハラに該当するわけではありません。
しかし、終了時間間際に大量の業務を依頼したり、タイムカードを切った後に残業をさせたり、必要性の無いような仕事を押しつけるような場合にはパワハラにつながる可能性がありますので注意が必要です。

 

■企業がとるべき対策


パワハラが発生しないように、社内研修を行うなどして、パワハラを行ってはならないことを社内にしっかりと周知する必要があります。
また、パワハラに関する相談窓口を設置して、社員が相談しやすい環境を作ることも重要です。
さらにパワハラなどの問題が発生した場合は厳正に対処する必要があります。
パワハラ対策にあたっては弁護士などの専門家にご相談されることも有効です。

 

さざんか総合法律事務所は、さいたま市、川口市、川越市、上尾市を中心に、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県において、皆さまからのご相談を承っております。
企業法務に関するあらゆる問題に対応しておりますので、お困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。

豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分