さざんか総合法律事務所 > 交通事故 > 交通事故の示談の流れ|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

交通事故の示談の流れ|弁護士に依頼するメリットも併せて解説

■交通事故における示談の流れ


示談とは、訴訟などの裁判手続きではなく当事者間の任意の話し合いによる合意で解決するものです。

 

・通院
交通事故でケガをしてしまった場合は通院することになります。
通院してもこれ以上症状が良くならない場合には症状固定と診断されます。
この際に、保険会社から早めに症状固定するように言われることがありますが、安易に症状固定をしてしまうともらえる慰謝料の額などが少なくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

・後遺障害等級認定の申請
症状固定となったら、後遺障害等級認定の申請を行いましょう。
認定された後遺障害等級に従って後遺障害慰謝料が算定されます。

 

・示談交渉
相手方保険会社との間で示談交渉を行います。
過失割合について話し合いで決定します。
その後、過失割合や後遺障害等級、逸失利益などから損害賠償額を決定します。
相手方との間で、損害賠償額などについて合意に至った場合には、示談書を作成し、示談交渉は終了となります。
示談の内容に従って、示談金が振り込まれます。

 

■弁護士に示談交渉を依頼するメリット


保険会社は、高額の保険金を支払いたくないため、個人で保険会社と交渉した場合、多くのケースで自賠責基準や任意保険基準といった、保険会社に有利な基準で示談を成立させようとします。
しかし、裁判例などをもとに形成される裁判基準は自賠責保険基準、任意保険基準よりも高額となる場合がほとんどです。
弁護士は、裁判基準で示談が成立するように相手方と交渉をします。
そのため、個人で交渉するよりも弁護士に依頼した方が、損害賠償額が2倍から3倍になることも珍しくありません。
さらに、保険に弁護士費用特約が付いている場合には、弁護士費用が無料になるということもあります。
弁護士費用特約は多くの保険で付いていますので、弁護士費用が無料となるケースは多いです。

 

交通事故における示談交渉でお悩みの際は一度当事務所までご相談ください。

 

さざんか総合法律事務所は、埼玉県さいたま市を中心として川口市、川越市、上尾市など埼玉県下はもちろん、東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県など関東全域の皆様から広くご相談を承っております。
事前にご予約いただければ、休日や時間外もご対応いたします。
交通事故に関するお悩みはもちろん、相続問題、労働問題、離婚問題、企業法務、不動産トラブル、債務整理、刑事事件、少年事件、債権回収、成年後見、外国人事件など、幅広い分野に対応しております。
交通事故についてお悩み方は、さざんか総合法律事務所まで、どうぞお気軽にご相談ください。

豊富な知識と経験を基に、ご相談者様に最適なご提案をさせていただきます。

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分