さざんか総合法律事務所 > 企業法務 > 契約書作成とリーガルチェックの重要性

契約書作成とリーガルチェックの重要性

契約書のリーガルチェックとは、作成する契約書について、法的な問題点がないか、取引先から提示された契約書について自社に不利益な情報が含まれていないか、取引内容やビジネスの目的に合致しているかなどを法的にチェックすることをいいます。

 

安易にひな形を流用したりすると、契約内容に適した契約書ではなかったためにトラブルが発生する恐れがあったり、実際は果たせないような義務規定が盛り込まれていて、契約違反の責任を問われたりする恐れがあります。
また、相手方に極端に有利な内容の契約書に調印してしまえば、将来問題が起こった時に自社に大きな不利益が降りかかる恐れがあります。

 

契約書のリーガルチェックは、弁護士に相談することが最も望ましいといえます。
弁護士は法律の専門家であり、契約書の内容や契約書の締結に関する事項について、豊富な知識と経験を有しています。
そして、契約書の内容に法的な不備があるかどうか、形式が不適切であるかどうかのアドバイスだけでなく、違法ではなくても不公平な内容になっていないか、これからのビジネスに適した契約書になっているかなどもチェックすることができます。

 

さざんか総合法律事務所は、さいたま市、川口市、川越市、上尾市を中心に、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県において、皆さまからのご相談を承っております。
企業法務に関するあらゆる問題に対応しておりますので、お困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

 

弁護士紹介

Lawyer

所属弁護士

吉村 孝太郎Koutarou Yoshimura

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県蕨市出身(蕨市立南小学校、蕨市立第一中学校出身)

詳細はこちら

所属弁護士

飯塚 隆史Takashi Iizuka

  • 埼玉弁護士会
  • 法教育委員会,労働問題対策委員会
  • 法律相談センター運営委員会
  • 埼玉弁護士会常議員(令和2年度)

詳細はこちら

所属弁護士

玉作 恵美Emi Tamatsukuri

  • 埼玉弁護士会
  • 埼玉県出身

詳細はこちら

所属弁護士

溝岡 由里Yuri Mizooka

  • 埼玉弁護士会
  • 広島県広島市出身

詳細はこちら

事務所概要

Office Overview

名称 さざんか総合法律事務所
所属弁護士 吉村孝太郎、飯塚隆史、玉作恵美、溝岡由里
所在地 〒333-0851埼玉県川口市芝新町5-1 SKビル3階 C号室
連絡先 TEL:048-485-9960 / FAX:048-485-9961
対応時間 午前9時30分から午後5時30分まで
定休日 土・日・祝日
アクセス 京浜東北線「蕨」駅東口から徒歩2分